Visual System Simulator

無線通信システム設計

Visual System Simulator™(VSS)は、現在の複雑な通信システムの設計のための完全で統合的なソフトウェアです。
VSSの技術はシステム構築の設計能力を技術者に提供すると同時に通信システム設計におけるそれぞれの基本的なコンポーネントのための最適な仕様構築に役立ちます。NI AWRソフトウェアの旗艦製品であるMicrowave Officeのように、VSSはAWR独自のUnified Data Model™によって構築され、システムと回路のシームレスで並列な協調シミュレーションを提供します。

VSSの機能と応用分野

機能:

  • コンポーネント仕様の開発
  • アルゴリズム開発
  • 無線通信検証結果の予測
  • 回路ツールとの協調シミュレーション
  • エンドツーエンド・シミュレーション
  • 無線通信の予測
  • ハードウェア・イン・ザループ・シミュレーション

応用分野:

  • 以下に示す無線通信規格:

    • LTE
    • DVB-H/DVB-T
    • WiMAX/ 802.16d-2004/802.16e-2005 (mobile と fixed)
    • CDMA2000
    • GSM/EDGE
    • WLAN/802.11a/b/g
    • 3G WCDMA FDD
    • IS95
  • 特定分野向け有線/無線通信システム
  • レーダ・システム
  • EW、ECM、 ESM、その他RFならびにマイクロ波システム