RFIC

AWRのRF向け集積回路設計工程

RF向け集積回路設計のためのAnalog Officeは単一のデスクトップ上に、最高レベルのフレキシビリティーと精度を兼ね備えています。AWRの技術であるUnified Data Model™によりAnalog Officeは、協調設計ならびにインターコネクションを基調とした設計を可能とし、RFIC設計者のためのRFICを知り尽くした設計環境と言えます。.

Analog Office設計環境はオープンな高周波回路設計プラットフォーム上に構築され、RFIC設計に必要な全てのツールを併せ持ちます。基本となるデータ・モデルは、高周波とは何かを包含し、インターコネクションを始め、受動素子、能動素子にいたるまで正確に抽出、モデリングを行います。それは、単にツールがシームレスに統合され生産性を改善するにとどまらず、最終製品の市場投入を加速します。

特徴

  • 先端的なチューニング技術が導入された設計キャプチャリング
  • HSPICEならびにAPLAC による過渡/タイムドメイン・シミュレーション、AC/ノイズ解析、抽出技術
  • ACE™ インターコネクション・モデル化のための自動回路抽出技術
  • AXIEM 3次元平面電磁界ソルバによるチップ上の受動素子解析(オプション)
  • インターコネクション向けAnalyst™ 3D 有限要素法による電磁界環境(オプション)
  • OEA International NET-AN による3D RLCK等価回路抽出
  • ICEDを利用したDRC/LVSサポート
  • そのままテープ・アウト可能なレイアウト図からのGDSII出力
     

Downloads