AWRデザインフォーラム(ADF) 2016

AWRデザインフォーラム(ADF)2016は終了いたしました。たくさんの方のご来場、誠に有難うございました。


AWRデザインフォーラム(ADF)は、モノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)、RFプリント基板、LTE通信システム、レーダシステム等のマイクロ波・RF回路設計者およびシステム設計者の方々を対象とする公開セミナーです。

高周波設計に関する有意義な意見や情報を共有・交換していただく場として、是非、本フォーラムをご活用ください!
 
 
開催概要

日程

 2016年7月8日(金) 10:00 - 17:30 (開場 9:30)

会場

 イイノホール&カンファレンスセンター
 東京都千代田区内幸町2-1-1 飯野ビルディング4F
 (東京メトロ 霞ケ関駅直結)
 電話: 03-3506-3251
 http://www.iino.co.jp/hall/index.html

プログラム

こちら≫

お申込み

事前登録は終了いたしました。

※参加費無料、要・事前登録。

NI AWR
設計環境
展示概要

RFシステム/回路設計ツールのNI AWR設計環境を活用したレーダシステム、増幅器、アンテナなど様々な例題を用意しております。
多くの企業、教育機関で採用頂いているNI AWRソフトウェアを是非ご体感ください。

展示
パートナー
(社名50音順)

※展示内容は、各企業名をクリックしてご覧ください。

株式会社アイ・エム・シー
​株式会社アムテックス
アンリツ株式会社
株式会社 図研
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
萩原電気株式会社
株式会社 村田製作所
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社

備考

  • 本セミナーは参加費無料(昼食付)です。
  • お席に限りがありますので、お早目にお申込ください。
  • フォーラム終了後、懇親会をご用意しています。
    (開始予定時間:17:30 )

 

 

プログラム        ※講演内容は、演題をクリックしてご覧ください。

09:30 - 10:00

開場 / 展示・デモンストレーション タイム

10:00 - 10:10

開会のご挨拶

10:10 - 11:20

【基調講演】
『テラヘルツ波を用いた深宇宙探査への挑戦 - テラヘルツ波リモートセンシング』
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)
ソーシャルイノベーションユニット テラヘルツ研究センター
上席研究員
笠井 康子 博士

11:20 - 12:00

【NI AWRソフトウェア・技術セッション1】 
『NI AWR設計環境のロードマップと成功事例』
NI, AWRグループ
アジアパシフィック統括ディレクター
Lars van der Klooster

12:00 - 13:10

昼食 / 展示・デモンストレーション タイム

13:10 - 13:50

【ビジネスケース・セッション1】
『Microwave OfficeとAXIEMを活用したEMC解析の実例 
〜DIATONEブランド機のノイズ改善事例〜

三菱電機株式会社 三田製作所 
カーマルチメディア製造第二部 設計第三課 専任
小山  肇 氏

13:50 - 14:30

【NI AWRソフトウェア・技術セッション2】
NI AWR設計環境を使った高周波モジュール設計の効率化
AWR Japan株式会社 
リージョナルテクニカルマネージャー
萩原 直樹

14:30 - 15:10

【NI AWRソフトウェア・技術セッション3】
『5G: レースはもう始まっている!』 
NI, AWRグループ
ワイヤレス・ソリューション・アーキテクト
井上 敬夫 博士

15:10 - 15:30 休憩 / 展示・デモンストレーション タイム
15:30 - 16:10

【ビジネスケース・セッション2】
『Microwave Officeを利用したGaN高出力増幅器、低雑音増幅器の設計事例
株式会社 富士通研究所 
先端デバイスプロジェクト 主任研究員
佐藤 優 氏

16:10 - 16:50

【NI AWRソフトウェア・技術セッション4】
『新しいロードプル解析機能の紹介と効果的な活用』
AWR Japan株式会社 
リージョナルテクニカルマネージャー
菅原 努

16:50 - 17:00

閉会のご挨拶

17:00 - 17:15 展示・デモンストレーション タイム

※都合により、予告なく内容が変更する場合があります。予めご了承ください。