AWR Connected - Anritsu

RFならびにマイクロ波設計ソフトウェアとT&M機器との連携

AWR Connected™ – アンリツ社のT&M機器とAWRの高周波回路設計ソフトウェアシームレスな連携により、強力で完全なソフトウェア-TO-ハードウェアによる設計環境を提供します。


Microwave Officeとアンリツ社のVectorStar

 

アンリツのVectorStar™ VNAは、AWRのMicrowave Office®設計ソフトウェアを標準機能として統合されており、これにより設計とメジャメントの環境がそろいます。その、Microwave Officeには、線形シミュレーション、EM解析、回路図入力とレイアウト設計機能が包含されています。測定器のファームウェアとして存在します。VectorStarの 利用者の皆さんは、即座に同VNA内にインストールされた線形シミュレーション、電磁場シミュレーション、回路図/レイアウト図 描画機能を利用できます。

VectorStar VNAをご登録下さい。

  • ご登録いただきますと、更に1年間有効なMicrowave Office設計ソフトウェアをスタンドアロンPCにインストールし、利用いただける特権を得られます。

Visual System Simulatorとアンリツのベクトル・シグナル・ジェネレータ/アナライザとの連携

アンリツ社のハイエンド・ベクトル・シグナル・ジェネレータ/アナライザ(VSG/SA)とAWRのVisual System Simulator™(以下VSS) 通信システム設計ソフトウェアが連携します。AWR Connected for Anritsu の利用に伴う通信系システム設計での優位性として、複雑なデジタル変調テテスト信号(LTE, WiMAX, GSM/Edgeなど)を同社SA/VSGを介してテストする工程を、VSSソフトウェアを利用した設計サイクルにおいて検証できることが挙げられます。