MMIC

AWRによるMMIC設計工程

モノリシックマイクロ波集積回路設計でのMicrowave Officeの利用に関しては、この業界での革新的でユーザ・インターフェースが優れた製品です。更に、サードパーティから提供される技術も完全統合されています。これにより設計者は、困難な設計課題を解決でき、最終製品の市場投入期間を短縮し、市場優位性を確保できます。

AWRの提供する設計環境は、単にツール群や技術を組み合わせただけのものでなく、相互に連携し統合化されたもので、生産性を最大化し製品利用のための習得時間や取扱説明書による理解時間を最小化します。

特徴

  • 先端的なチューニング技術が導入された設計のキャプチャリング
  • 線形ならびに非線形・周波数ドメインと時間ドメイン・シミュレーション
    • 大規模回路あるいは強非線形性のある回路設計のためのAPLAC® RFハーモニックバランス
  • ACE™ インターコネクション・モデル化のための自動回路抽出技術
  • EM Socket™ サードパーティ電磁界解析ツールとの連携インターフェース
    • AXIEM 3次元平面電磁界解析(オプション)
    • バンプ、ボンド・ワイヤ、リボン向けAnalyst™ 3次元有限要素法による電磁界解析(オプション)
  • Calibre® やICEDに代表されるERC/DRC/LVS のサポート
  • そのままテープ・アウト可能なレイアウト図からのGDSII出力