Signal Integrity

AWRのシグナル・インテグリティ設計フロー

高周波回路設計ツールならびに電磁場シミュレータは、アナログ/デジタル回路設計また、ギガビット伝送を行うサブシステムにも不可欠です。

AWRのMicrowave Office®によるシグナルインテグリティ向けソリューションは、Synopsys 社のHSPICE®が統合された Microwave Officeにより構成されます。これにより、今日の高速回路設計への挑戦には不可欠と言えます。AWRのシグナルインテグリティは、複数の基板構造ならびに製造技術をサポートし、様々な集積回路、パッケージ、プリント基板、ダイ-基板間のモデルを正確に表現します。これにより、検証作業への柔軟さを得られます。

特徴

  • APLAC® 大規模回路、強非線形回路設計のためのハーモニックバランス・シミュレーション
  • 同時解析あるいは集積回路、パッケージ、プリント基板設計のための複数あるいは混在PDKのサポート
  • ACE™ インターコネクション・モデリングのための自動回路抽出技術
  • EM Socket™ サードパーティ電磁場解析ツールとの連携のためのインターフェース
  • AXIEM® 3D プレナ電磁場解析(オプション)
  • Analyst™ 3D バンプ、ボンディング・ワイヤ、リボンなどを対象とした有限要素電磁場解析(オプション)
  • Calibre® あるいはICED などを利用したERC/DRC/LVS